コンピューター100%

Windows2000を検証する

Windows2000とは?
 Windows2000とは、Microsoft社のOSで、WindowsNTの後継として出されました。
 Windows2000の中にもいくつかの種類があり、今回取り上げるのはProfessionalです。
 Professionalといっても、WindowsXPのようにHomeEditionがあるわけではないので、一番の廉価版です。

Windows2000の長所
  ・非常に安定している
・ネットワーク機能の充実

 Windows2000はWindows95やWindows98などと違い、MS-DOSを引きずっていないので、Windows95,Windows95,WindowsMeなどを総称するWin9x系と比べて安定しています。
 安定しているというのは、めったにフリーズしない、いきなり強制終了しない、アプリケーションが暴走しても他には影響を及ぼさないといったことです。
 実際に使ってみて確かに安定しているなと感じます。Windows98を使っていた頃も、それほど頻繁にブルースクリーンになってはいませんでしたが、Windows2000になってからはまったくといっていいほどありません。

 ネットワーク機能に関しては、LANの設定が簡単にできました。インストールすれば、使えるようになっている状態です。
 また、DNS(IPアドレスとドメイン名の変換)やDHCP(自動的にIPアドレスを割り振る)などの機能も持たせることができます。ただし、DNSはPPP接続の際に邪魔をしますし、DHCPなんかはルーターの役割ですし、ルーターがない場合には手動で設定したほうがいいので、不必要です。
 

Windows2000の短所
  ・機器が対応していないまたはドライバの提供がない
・不必要な機能が多い

 Windows2000用のデバイスドライバがないことがよくあります。メーカーのサイトからダウンロードできればまだいいのですが、Windows2000用のドライバがないという場合もあり、その場合にはその機会は使えません。
 私の環境で、ATIのRAGE128PROは付属のCD-ROMに入っていなかったのでサイトのほうからダウンロードしました。また、Justyのジョイパッドが2000用のドライバがなく、使えなくなりました。
 このように、ドライバに関して少し弱い面があります。
 ソフトもパッケージソフトならほとんど問題ありませんが、フリーソフトなどになってくると対応してない場合も多々あります。
 といっても、そんなに気にするほどのものでもないという気がしました。
 
 不必要な機能、というのは先ほど述べたDNSやDHCP、IIS(Webサーバー。追加インストールした場合)など、使わない機能が結構あります。
 特にDNSはモデムでダイヤルアップ接続した場合、接続はできているのにホームページが見られないという状況になった場合、このDNSサービスが邪魔をしていることがあります。その場合は一度このサービスを停止する必要があります。しかしこのようなことはヘルプを見てもどこにも書いてありません。
 DHCPも家庭内の2,3台なら自分でIPアドレスを設定できますし、それ以上でもルーターを導入しているはずですから、必要のない機能です。この機能も停止させておくべきです。
 IISというのはWebサーバーですが、はっきりいって、使えません。Apacheのほうが絶対いいです。IISはASPを重視しているようですが、それよりもperlをサポートしてください。
 ASPはわかりませんし、使えるホスティングサーバーも多くないと思います。

ページ内検索
文章内から検索:
ランキング
著作権表記
Copy right © Ship.
PR