コンピューター100%

ScriBx2Thred

サンプル
言語 :Perl & JavaScript
ファイルサイズ:14KB  スクリプトファイルをダウンロード

  • ScriBx2Thredとは?

  • JavaScriptとPerlを使った掲示板です。
    Scribx2をベースに機能を拡張し、スレッドに対応しています。
    レス記事の削除はもちろん、スレッドごと削除することも可能です。 書きこみ、表示ともにCGIを使います。JavaScriptは整形して表示するために使用しています。
    色やスタイルなどは別ファイルのスタイルシートで細かく設定できます。
  • 動作環境

  •  Webサーバー側
     ・Perlが使用可能であること。
     ・CGIと、HTMLファイルが共用できること(CGI専用のフォルダでないこと)。
     利用者側
     ・JavaScriptが使用可能なこと。
     ・Internet Explorer 5.0以上又は、Netscape6以上を使用していること。
      (Operaでは表示できません。)

  • 各種設定

  • [scribx2Thred.cgi] 掲示板システム実行用CGI
     1行目にサーバーのPerlの位置を入れてください。#!も、必ず先頭に付けてください。
     例)#!/usr/local/bin/perl
     コメントのHTMLタグの許可/不許可を設定してください。0で使用不可、1で使用可です。
    トップページのアドレスを、346行目の<a href="YOURHTMLADDRESS">ホーム</a>のYOURHTMLADDRESSと置き換えてください。
     他はタイトルの変更ぐらいです。<TITLE>〜</TITLE>間と<h2>〜</h2>間です。

    [scribx2Thredlog.dat] データファイル
     空のファイルです。

    [scribx2Thredstyle.css] スタイルシートで、色などの設定をするためのファイル
     掲示板のページの表示スタイルを設定します。
     [background-color]が背景色、[color]が文字色です。

  • ファイル構成例

  • public_html(ルートフォルダ) 777 --- scribx2Thred.cgi 755 掲示板CGI
    --- scribx2Thredlog.dat 666 ログ
    --- scribx2Thredstyle.css 644 デザイン設定
    --- jcode.pl 644 変換

    すべて同じフォルダに入れてください。
    フォルダのパーミッション(属性)を、777にします。
    [scribx2Thred.cgi]を755にします。
    [scribx2Thredlog.dat]を666にします。
    HTMLファイルと、CSSファイル、[jcode.pl]はそのままです。

  • 設置後

  •  ファイルをアップロードしたら、動作確認を行ってください。
    1.表示するページ[scribx2Thred.cgi]にアクセスします。
    2.何も表示されていないと思いますので、「新規書き込み」をクリックします。
    3.メッセージを入力して[送信]ボタンをクリックします。
    4.メッセージが書き込まれます。
    5.削除Noに消したい番号をいれ、パスワードを入力して「削除」をクリックします。
    6.メッセージが削除されます。

    不具合がありますか?

    (1)の手順時のエラー
     ・Not Found
      → 入力したアドレスの間違いか、その場所にアップロードできていない。
     ・Internal Server Error
       → Perlのパスの間違い又はパーミッションの設定の間違い。

    (2)の手順時のエラー
     ・設定したデザインと違う
      → スタイルシートファイルのアドレスが間違っている。
     ・書きこむためのフォームが出ない
      → ブラウザが対応していない。IE5.0 or NN6.0以上に換える。

    (3)の手順時のエラー
     ・名前が入力されていません
     →名前をいれる
     ・コメントが入力されていません
     →コメントをいれる

    (4)の手順時のエラー
     ・Internal Server Error 
      → ログファイルのアドレスの間違い
      → ログファイルのパーミッションが666でない。

    (5)の手順時のエラー
     ・削除できません
      → パスワードが違うか、入力されていない。

  • 使い方

  •  保持する最大スレッド数は[$maxthred]に設定してください。デフォルトでは30件となっています。
     それらを最初にすべて読みこむので、大きな数だと遅くなります。
     また、1ページに表示する記事の数は10件です。
     それを越えた場合、上下の帯の左右に次・前ページへのリンクが表示されます。
     簡易表示は、タイトルなどの情報だけ表示されていて、マウスを載せるとメッセージが出てきます。
    ちらついて見にくいのであまり使わないとおもいますが(笑)。
     全発言は、すべての記事が通常表示でダァッーと下に表示されます。戻すには通常表示をクリックします。
     新規書き込みは、コメントを書きこむ時に使います。
     名前、コメントが必須項目です。タイトルがない場合、「無題」となります。
     名前、メールアドレス、ホームページアドレスはクッキーに保存されます。
     削除は、レス記事の場合、パスワードがあっていれば削除されます。
     親記事の場合は、レス記事がついていない場合はそのまま削除されますが、レス記事がついている場合は、「このスレッドをレス記事を含め削除しますか?」と確認してきます。
     ここで「削除」を選ぶと、そのスレッド全体が削除されます。レス記事のパスワードを知らなくてもです。
       一番下の右隅に作者のホームページアドレスへのリンクが表示されています。
     無理にとは言わないけど、表示しておいてほしいなぁ〜

  • 連絡先

  •  このscribx2Thredの著作権はシップが所有します。個人で使用する範囲内での改変は結構ですが、その場合の再配布は行いませんよね?
     これはフリーソフトですが、寄付などは喜んでお受けしておりますので、メールでお問い合わせください。
     最後に、使ってくださる方々に感謝を込めて。

2003/05/02 シップ
URL : http://computer.shipweb.jp/
MAIL: メールフォーム

Copy right (c) 2002 Ship. All rights reserved.
ページ内検索
文章内から検索:
ランキング
著作権表記
Copy right © Ship.
PR