コンピューター100%

ScriBx2

サンプル
言語 :Perl & JavaScript
ファイルサイズ:14KB  スクリプトファイルをダウンロード(version 4)

Version 4以前のものをダウンロードしていただいた皆様へ
Version4より前のScribx2にはメッセージを書きこもうとした場合、「必要項目が入力されていません」と表示され書きこめないというバグがあることが判明いたしました。
つきましては、お手数をおかけしますが、最新版をダウンロードしていただき、そちらの方に換えて頂くようお願い致します。
御迷惑をおかけし、申し訳ございません。
  • ScriBx2とは?

  • JavaScriptとPerlを使った掲示板です。
    読むページと書くページとが別々で、読むだけならCGIを使用せずにHTMLファイルと、掲示板のデータファイルのみで表示できるのが特徴です。
    CGIを使用しないので、サーバーの負荷が少なくて済みます。
    メッセージの削除機能、管理人権限での削除も出来ます。
  • 動作環境

  •  Webサーバー側
     ・Perlが使用可能であること。
     ・CGIと、HTMLファイルが共用できること(CGI専用のフォルダでないこと)。
     利用者側
     ・JavaScriptが使用可能なこと。
     ・Internet Explorer 5.0以上又は、Netscape6以上を使用していること。
      (Operaでは表示できません。)

  • 各種設定

  • [scribx2.htm] 表示用HTMLファイル
     トップページのアドレスを、127行目付近にある<a href="index.html">ホーム</a>の行を探し、ダブルコーティーションで囲まれた部分にいれてください。
     他はタイトルの変更ぐらいです。3行目の<TITLE>〜</TITLE>間と121行目<h2>〜</h2>間です。
     もっともただのHTMLファイルなので、ご自由に位置やデザインなど変えてください。

    [scribx2log.js] データファイル
     空のファイルです。

    [scribx2style.css] スタイルシートで、色などの設定をするためのファイル
     掲示板の読み書き両方のページの表示スタイルを設定します。
     [background-color]が背景色、[color]が文字色です。[font-size]が文字の大きさです。
     背景色を白にするには、[background-color:white;]とします。
     文字を黒にするには、[color:black;]とします。
     フォントサイズを13ポイントにするには[font-size:13pt;]とします。
     それを{と}で囲まれた中に入れます。この{と}の前に書いてある文字によってページ中のどこを変えるのかを決めています。
     例えば、[BODY]というタグはページ全体を囲うので、ページ全体に適用されます。  

     BODY{  
    background-color: #CCFFCC;
     }  
     同じように、[scribx2style.css]で使われている名前について下記にまとめるので参考にしてください。
    Aリンクが張られている文字列
    A:linkリンクが張られている文字列(通常)
    A:visitedリンクが張られている文字列(表示済み)
    A:hoverリンクが張られている文字列(マウスが乗っている時)
    H2タイトル
    td.hashi上下の帯の、左右の端
    td.chuou上下の帯の、中央部分
    .commentheadタイトルなどの情報表示部分
    .commenttitleタイトルの文字部分
    .commentname名前の文字部分
    .commentdate日付の文字部分
    .commentmesメッセージの本文
    #mes表示部分を囲む枠
    #delctr削除する情報入力フォーム
    .commentsubject入力フォームの説明部分
    input.btnボタン
    input.textテキストボックス(1行タイプ)
    textarea.textareaテキストボックス(コメント入力欄)
    html,bodyスクロールバーカラーの設定

    [scribx2.cgi] 書き込み用CGIファイル
     1行目にサーバーのPerlの位置を入れてください。#!も、必ず先頭に付けてください。
     例)#!/usr/local/bin/perl
     20行目でコメントのHTMLタグの許可/不許可を設定してください。0で使用不可、1で使用可です。
     24行目で管理者のパスワードを入力してください。このパスワードですべての書き込みを削除出来ます。
     

    [scribx2count.dat] コメントの番号を記録するファイル
     0を入れておいてください。

  • ファイル構成例

  • public_html(ルートフォルダ) 777 --- scribx2.htm	644 表示用
    --- scribx2log.js 666 ログ
    --- scribx2style.css 644 デザイン設定
    --- scribx2.cgi 755 書き込み用
    --- scribx2count.dat 666 カウント用
    --- jcode.pl 644 変換

    すべて同じフォルダに入れてください。
    フォルダのパーミッション(属性)を、755にします。
    [scribx2.cgi]を755にします。
    [scribx2log.js]と[scribx2count.dat]を666にします。
    HTMLファイルと、CSSファイルはそのままです。

  • 設置後

  •  ファイルをアップロードしたら、動作確認を行ってください。
    1.表示するページ[scribx2.htm]にアクセスします。
    2.何も表示されていないと思いますので、「新規書き込み」をクリックします。
    3.メッセージを入力して[送信]ボタンをクリックします。
    4.「書き込みありがとうございました。」とのメッセージが表示されます。
    5.「掲示板へ」のリンクから掲示板に戻ります。
    6.メッセージが書き込まれています。

    不具合がありますか?

    (1)の手順時のエラー
     ・Not Found
      → 入力したアドレスの間違いか、その場所にアップロードできていない。
     ・ブラウザエラーが出る   → ブラウザが対応していない。

    (2)の手順時のエラー
     ・設定したデザインと違う
      → スタイルシートファイルのアドレスが間違っている。もしくはスタイルシートの書式が間違っている。
     ・書きこむためのフォームが出ない
      → ブラウザが対応していない。

    (3)の手順時のエラー
     ・設定したデザインと違う
      → スタイルシートファイルのアドレスが間違っている。

    (4)の手順時のエラー
     ・Internal Server Error 
      → ログファイルのアドレスの間違い
      → カウントファイルのアドレスの間違い
      → ログファイルのパーミッションが666でない。
      → カウントファイルのパーミッションが666でない。
     ・「必要項目が入力されていません」
      → すべての項目が入力されていても、このメッセージが表示される場合は、このスクリプトのバグですので、申し訳有りませんが、最新版をダウンロードして[scribx2.cgi]ファイルを置き換えてください。

    (5)の手順時のエラー
     ・Not Found
      → 表示用ページのURLが間違っている。

    (6)の手順時のエラー
     ・書きこまれていない
      → 「更新」ボタンを押す。
      → ログファイルを開いて調べる。
        → 内容が書かれていない。 → ログファイルのアドレスが間違っている。(書き込み[scribx2.cgi])
        → 内容は書きこまれている → ログファイルのアドレスが間違っている。(表示[scribx2.htm]21行目)
     ・スクリプトエラーが起こる
      → ログファイルが A[]="name" のように、[]の間が空白
        → カウンターファイルのアドレスの間違い。(書き込み)
      → ブラウザが対応していない
        → ブラウザを変える

  • 使い方

  •  1ページの表示件数は10件です。
     それを越えた場合、上下の帯の左右に次・前ページへのリンクが表示されます。
     簡易表示は、タイトルなどの情報だけ表示されていて、マウスを載せるとメッセージが出てきます。
    ちらついて見にくいのであまり使わないとおもいますが(笑)。
     全発言は、すべてのコメントが通常表示でダァッーと下に表示されます。戻すには通常表示をクリックします。
     新規書き込みは、コメントを書きこむ時に使います。
     名前、コメントが必須項目です。タイトルがない場合、「無題」となります。
     名前、メールアドレス、ホームページアドレスはクッキーに保存されます。
     削除するには、番号とパスワードを入れて削除ボタンをおします。
     一番下の右隅に作者のホームページアドレスへのリンクが表示されています。
     無理にとは言わないけど、表示しておいてほしいなぁ〜

  • 連絡先

  •  このscribx2の著作権はシップが所有します。個人で使用する範囲内での改変は認めますが、その場合の再配布は行わないでください。
     設置方法、スタイルシートの設定などのサポートを行っております。メールか掲示板でお知らせください。
     これはフリーソフトですが、寄付などは喜んでお受けしておりますので、メールでお問い合わせください。
     最後に、使ってくださる方々に感謝を込めて。

シップ 2002/12/19
2003/05/05 Version4 (削除機能、バグ修正)
URL : http://computer.shipweb.jp/
MAIL: メールフォーム

Copy right (c) 2002 Ship. All rights reserved.
ページ内検索
文章内から検索:
ランキング
著作権表記
Copy right © Ship.
PR