コンピューター100%

WindowsでRAMディスクを使用する

 PC98RAの項でもアクセス速度の速いメモリをフロッピーディスクの代わりに使用して辞書などの変換速度を上げるということを書きましたが、それはWindowsにおいても使えます。

 RAMディスク(仮想ドライブとも言う)は、仮想メモリの反対で、仮想メモリがメモリの足りない分をハードディスクで補うのに対して、RAMディスクは、ハードディスクのアクセス速度よりも早いので、ハードディスクにアクセスするところをRAMディスクにアクセスすることによってハードディスクのアクセス速度の遅さを補うというものです。

 RAMディスクの設定の仕方は次の通りです。

STEP 1.c:\config.sysをメモ帳などで開きます。
STEP 2.devicehigh=C:\WINDOWS\RAMDRIVE.SYS /E xxxxx という一文を最後に追加します。
xxxxxの部分はRAMディスクの大きさをKB単位で指定してください。ただし、あまり大きいとRAMディスクは作れません。僕の環境ですと、31744KBでした。
STEP 3.再起動します。
STEP 4.マイコンピューターを開いて「MS-RAMDRIVE」という名前でICのようなアイコンのドライブができているか確認してください。

 これで、ぼくの環境(Windows98SE)ではできました。他のOSでできるかは保証できません。WinNT系のOSでは、MS-DOSを引きずっていないので、できないことも考えられます。

 さらに重要なこととして、C:\Windowsフォルダに「Ramdrive.Sys」がなければRAMディスクは作ることができません。

 Config.Sysをいじるので、それほど詳しくない方、このページが理解しにくい方ははやめておいたほうが無難です。それほどメリットもありません。尚、改造はすべて自己責任で行ってください。

 実は、このRAMディスク、Windowsの起動ディスクのConfig.Sysをみてみると、2048KB(=2MB)の大きさで作られるように指定されています。

ページ内検索
文章内から検索:
ランキング
著作権表記
Copy right © Ship.
PR